コルム 長財布 スーパーコピー2

ヴィトン 財布 メンズ コピー

自動車用防音部品の開発を通して
社会の音作りに尽力したい

髙橋 拓也 コルム 長財布 スーパーコピー5

開発本部 第2技術部 第1音響研究室
2017年4月入社

ロジェデュブイ コピー 販売 店
ルイヴィトン デイデイト コピー

自動車用防音部品の開発を通して社会の音作りに尽力したい

髙橋 拓也 コルム 長財布 スーパーコピー4

開発本部 第2技術部 第1音響研究室
2017年4月入社

仕事内容について

楽天ブランドコピー 届かない

私は現在、自動車の防音材の研究開発に携わっています。自動車のような大きな機械を動かす時には、必ず音や振動が発生します。これらは人間の感覚(聴覚や触覚)に作用することで、人に対して安心感や心地よさを生み出すことがあれば、不快感や嫌悪感を生み出すこともあります。
私はそういった自動車から生じる、人に不安等を煽る“騒音”をなくすために日々、業務に携っています。具体的には、エンジンやタイヤから生じる騒音を防ぐための防音材部品を試作し、防音材としての性能の測定を行います。その中で性能はもちろん、コストパフォーマンスや重量といった目標を達成するための仕様を検討、立案し選定します。
また、近年自動車業界においては、ガソリン自動車から電気自動車への転換期に突入しており、それに伴い電気自動車の研究活動も盛んです。電気自動車では従来のガソリン自動車とは異なり、エンジンを持たない等の理由から多くの部品が変更されています。私は、未来の電気自動車に使用される防音材開発のために、電気自動車の音響に関する測定や、これまで明らかではなかった音の経路や性質などの調査もしています。
今日、日本社会において自動車産業は大きな存在であり、自動車の防音材事業も大変重要になっています。私たち第1音響研究室のメンバーは、自動車用防音部品の開発を通して社会の音作りに尽力しています。

ベル&ロスコピー品

スーパーコピー優良

クロムハーツデニムコピーusb

自分の実力を存分に発揮できる会社であると考え、入社を決意しました。就職活動時には人事部の方々に、会社説明会の日程調整や面接でも配慮していただきました。また、内定通知後の懇親会で1年上の先輩社員の話を聞く中で、様々な業務を任されても決して1人の意見で仕事を進めるのではない。方針に関して会議の場を設け、いろいろな方々に相談ができると伺いました。これらの経験から、自分の発言に対し耳を傾け、自分が考えていることやしたいことをくみ取っていただける社風があると考えたことが、入社を決めた一因です。
また、就職活動時においてはニットクアンダーシールという製品に心惹かれました。日本特殊塗料という社名を聞いた際、塗料関連の会社であると強くイメージを持ちましたが、調べるうちにニットクアンダーシールのような自動車防音材の売り上げが全体の3分の2を占めていることに驚嘆しました。その事から、塗料の技術を自動車防音部品といった別の分野へ展開できる会社であると確信しました。それと同時に、塗料会社でありながらも自動車製品の市場へ一つの柱を持っていることも、他社と違いユニークであると感じました。これらのことも入社を決定した理由の一つです。

コピーブランド 財布 激安 楽天

これまでの経験

ヴィトン長財布スーパーコピー

大学院では高分子合成化学研究室に所属しており、音響工学に関しては0からのスタートでした。入社して間もないころ、吸音材に関してわからないことがあったときに会議の場で質問したことがありました。その時、上司から先輩社員の方々に対し「高橋の質問に関して調査して回答すること」といったような課題が出されました。
翌日、先輩社員の方から質問に対する丁寧な回答をいただき、疑問を解消することができました。どなたも業務で忙しい中、私の拙い質問に真摯に回答してくださったことに今でも感謝しています。また、先輩社員の方々から参考書を薦めていただいたり、業務中に生じた疑問についても、その都度丁寧に答えていただけたりすることも有難く思います。
部品の脱着による車両の振動の違いを調査していた際、部品の脱着を行っても同様の結果が得られるといったことがありました。その件を上司に報告したところ、データの処理の仕方を変更するように指示されました。すると結果のグラフに差異が見られました。この時私は、測定データに対して一つの視点からデータを検証するのではなく、色々な角度からデータを検証しなければ見えないことがあることを実感しました。
このような経験から、私はまだまだ自分が未熟であると思いました。今後は業務を遂行する中でより多くの経験を積み、社員として日々成長したいと思います。

これからの夢

ヴィトン財布コピー口コミ

将来、私は自動車製品の開発に関して、より洗練された仕様提案ができるよう成長したいです。今後10年から20年後には自動車業界は大きく変遷すると考えられます。今日普及しているガソリン自動車から電気自動車や燃料電池車へと動力源が変わり、自動運転化技術などにより自動車の構造や素材、あるいは道路の仕様にも影響があるかもしれません。そのような変遷の中で臨機応変に防音材部品の開発を行うためには、より広い音響工学への理解と材料の知識が必要となります。そのため、まずは現在の業務を通じて、実験に使用している部品への理解と、測定技術の習得が大事であると考えています。
また、日本特殊塗料では50年もの間、スイスの会社と技術提携をしています。その中で私たち第1音響研究室は提携先と様々なデータのやり取りや、ディスカッションをもとに技術的な知見を深めています。私は近い将来その技術提携会社へ赴き、直にその技術を習得したいと考えています。そのために現在、英会話教室に通い、その習得に勤しんでいます。
私の目標は、今の日本特殊塗料には無い技術を習得し、今後の防音材開発の一端を担える社員になることです。また、現在私が先輩社員の方々から指導されたことを、未来の後輩社員たちにもしっかり指導できるような人材になることを目指して、日々頑張っていきたいです。